こうげの野草ワークショップ「ハーブ王子の野草観察会(ビギナー編)」-参加者募集-

「ハーブ王子」として全国でご活躍されている野草研究家の山下智道さんをお招きして野草のワークショップを開催します。
野草にちょっと興味はあるけど・・・、ハーブや野草の知識はないけど・・・、ある程度の知識はあるけどもっと野草について勉強したい、ハーブ王子に興味があるなどなど、どなたでも大歓迎です。
ハーブ王子が身近にある植物の魅力や活用方法をわかりやすく優しく教えてくれます。お気軽にご参加ください。
「脱ビギナー編」は10月26日(土)に開催予定です。

開催日時   令和元年9月4日(水)10:00~12:00  ※受付9:30~

会  場   上毛町大平支所(上毛町大字東下1512-1)、友枝川河川敷

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子の野草観察会
       ②ハーブ王子の野草活用講座
       ※観察会は少雨決行。大雨の場合は座学に変更します。

参 加 費   無料

申 込 先   上毛町企画情報課
       〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321-1
       TEL 0979-72-3112/FAX 0979-72-4664/E-mail kijyo@town.koge.lg.jp

申込方法   申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、
       メールまたはファックスでお申込みください。
        ※申込書はこちらからダウンロードしてください。
         こうげの野草ワークショップ申込書
        ※申込みの受付期間は、8月5日(月)から8月23日(金)までです。
        ※参加決定後、ご案内の通知を発送させていただきます。

山下智道さん(野草研究家/ハーブ王子)
1J5A3373
幼い頃からの生け花、そして父の仕事が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守りたい、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。

過去に開催した「こうげの野草ワークショップ」の様子
1J5A3368
平成30年7月11日(水)ゆいきらら周辺

IMG_1283
平成30年7月11日(水)ゆいきらら周辺

DSC_6097
平成31年1月30日(水)尻高地区

IMG_0586
平成31年1月30日(水)尻高地区

こうげの野草ワークショップ「ハーブ王子と野草生活(初春編)」-参加者募集-

新年あけましておめでとうございます。
本年も上毛町の野草の取り組みをどうぞよろしくお願いいたします。

さっそくですが、「こうげの野草ワークショップ」の開催が決定しました!
講師には北九州市出身、「ハーブ王子」として全国で活躍中の山下智道さんをお招きします。
こうげの野草ワークショップとしては、今回初めての開催場所となる矢方池周辺をハーブ王子と散策して、野草摘み体験を行います。
そのあとは、古来から伝わる「春の七草」について学びます。
春の七草料理のメニューはただいまハーブ王子と思案中ですので、お楽しみに。
みなさまのご参加をお待ちしております。

開催日時   平成31年1月30日(水)10:00~13:30  ※受付9:30~

会  場   上毛町げんきの杜(上毛町大字八ツ並143-1)、矢方池周辺

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子と歩く野草散策
       ②ハーブ王子と作る春の七草料理(調理体験)
       ※散策は少雨決行。大雨の場合は座学に変更します。

参 加 料   3,000円(保険料、体験代込み)、未就学児無料

申 込 先   上毛町企画情報課 TEL0979-72-3112/FAX0979-72-4664
        〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1

申込方法   申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、
       メールまたはファックスでお申込みください。
        ※申込書はこちらからダウンロードしてください。
         こうげの野草ワークショップ申込書
        ※申込みの受付は、1月23日(水)までです(先着順)。
        ※参加決定後、ご案内の通知を発送させていただきます。

山下智道さん(ハーブ王子/野草研究家)
幼い頃からの生け花、そして父が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守りたい、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、「ハーブ王子」として、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。
ハーブ王子

こうげの野草ワークショップ(秋編)
こうげの野草ワークショップの様子

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)

こうげの野草ワークショップ2018第二弾「ハーブ王子と野草生活(秋編)」-参加者募集-

「こうげの野草ワークショップ2018」第二弾の開催が決定しました!
今回のフィールドは、都市との交流が盛んで素晴らしい景観を有する東上有田地区。通称巣狩谷と呼ばれているこの地区では、一年を通し、さまざまな野草を楽しむことができます。

講師には「ハーブ王子」として全国で活躍中の山下智道さんをお招きします。
ハーブ王子と巣狩谷を散策して、美容健康成分たっぷりの野草を使った化粧水を作ります。
そのあとは、手づくりの石釜で焼く野草ピザも体験できます!
ハーブ王子とこうげの里山を歩き、野草を美味しく楽しく活用する方法を考えてみませんか。

参加申込の受付は、11月2日(金)までです。みなさんのご参加をお待ちしております。

開催日時   平成30年11月11日(日)13:00~16:30  ※受付12:30~

会  場   上毛町田舎暮らし研究交流サロン(上毛町大字東上1178)、巣狩谷ライブハウス

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子と歩く野草散策
       ②ハーブ王子と作る野草の化粧水
       ③巣狩谷グリーンツーリズムの野草ピザ体験
       ※散策は少雨決行。大雨の場合は座学に変更します。

参 加 料   3,000円(保険料、体験代込み)、小学生1,000円、未就学児無料

協  力   巣狩谷グリーンツーリズム研究会

申 込 先   上毛町企画情報課 TEL0979-72-3112/FAX0979-72-4664
        〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1

申込方法   申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、
       メールまたはファックスでお申込みください。
        ※申込書はこちらからダウンロードしてください。
         こうげの野草ワークショップ申込書
        ※申込みの受付期間は、11月2日(金)までです(先着順)。
        ※参加決定後、ご案内の通知を発送させていただきます。

山下智道さん(ハーブ王子/野草研究家)
幼い頃からの生け花、そして父が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守りたい、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、「ハーブ王子」として、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。
ハーブ王子
こうげの野草ワークショップの様子

石釜
野草ピザ
石釜と野草ピザ

研究サロン
上毛町田舎暮らし研究交流サロン(通称ミラノシカ)は、上毛町の移住・交流の窓口として、地域との橋渡しをしています。

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)

こうげの野草ワークショップ2018第一弾「ハーブ王子と野草生活(夏編)」-参加者募集-

こうげの里山の魅力を伝える野草。この足元にある身近な野草を、もっと気軽に楽しく、そして美味しく取り入れていただくため、今年度も引き続き、野草のワークショップをシリーズで開催します。

第一弾は、昨年度からこうげの野草ワークショップの講師としてお越しいただいている「ハーブ王子」こと山下智道さんをお招きします。
ハーブ王子とこうげの里山を楽しみながら、身近な野草に触れていきます。
そして、「こうげ野草ブック」(改訂版)でもご紹介させていただいております、(有)二反田醤油本店(上毛町大字中村258-3)開発中のヨモギ醤油を使って調理体験を行います。
ランチは、大好評のゆいきららシスターズの野草ランチバイキング!

申込み受付は、6月4日からです。みなさんのご参加をお待ちしております。

開催日時   平成30年7月11日(水)10:00~13:30  ※受付9:30~

会  場   西友枝体験交流センター ゆいきらら(上毛町大字西友枝1520番地)

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子と歩く野草散策
       ②ハーブ王子と作る野草料理
       ③ゆいきららの野草ランチバイキング
       ※散策は少雨決行。大雨の場合は座学に変更します。

参 加 料   3,500円(保険料、体験、ランチ代込み)、未就学児無料

協  力   西友枝体験交流センター運営委員会

申 込 先   上毛町企画情報課 TEL0979-72-3111/FAX0979-72-4664
        〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1

申込方法   申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、
       メールまたはファックスでお申込みください。
        ※申込書はこちらからダウンロードしてください。
         こうげの野草ワークショップ申込書
        ※申込みの受付期間は、6月4日(月)から6月29日(金)までです(先着順)。
        ※参加決定後、ご案内の通知を発送させていただきます。

山下智道さん(ハーブ王子/野草研究家)
幼い頃からの生け花、そして父が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守りたい、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、「ハーブ王子」として、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。
ハーブ王子
野草ワークショップ
こうげの野草ワークショップの様子

こうげ野草ブック(改訂版)
野草醤油(こうげ野草ブック)
野草ブック改訂版。ヨモギ醤油のご紹介

ゆいきらら野草ランチバイキング
ゆいきららの野草ランチバイキング。どうぞお楽しみに。

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)

こうげの野草ワークショップ2017第三弾「ハーブ王子と野草生活(冬編)」-参加者募集-

暦の上ではまもなく立春。とはいえ、まだまだ寒い日が続きそうですが、皆さまお風邪など召されていませんでしょうか?

さて、平成29年度は、野草のワークショップをシリーズで開催してきました。
今年度最後の開催となります第三弾は、昨年5月にこうげの野草ワークショップ第一弾の講師としてお越しいただいた「ハーブ王子」こと山下智道さんを再度お招きします。
ハーブ王子とこうげの里山を歩いて、寒い中でも逞しく生えている野草たちを探します。
そして、冬と言えばやっぱり鍋!!ということで、寒い外から帰ったあとは野草鍋ランチでほっこり温まります。
今回は、巣狩谷グリーンツーリズム研究会の皆さんにもご協力いただきます。みんなで野草を楽しく美味しく活用する方法を考えてみませんか。

参加申込み受付は、2月5日(月)からです。皆さまのご参加をお待ちしております。

開催日時   平成30年2月24日(土)10:00~13:30  ※9:30から受付

会  場   ①上毛町田舎暮らし研究交流サロン(福岡県築上郡上毛町大字東上1178番地)
       ②巣狩谷ライブハウス

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子と歩く野草散策
       ②ハーブ王子と作る野草鍋(調理体験もあります)

参 加 料   3,000円(保険料、体験、ランチ代)

協  力   巣狩谷グリーンツーリズム研究会

申 込 先   上毛町企画情報課 TEL0979-72-3111/FAX0979-72-4664
        〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1

申込方法   申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、メール
       またはファックスでお申し込みください。
        ※申込書はこちらからダウンロードできます。
         こうげの野草ワークショップ第三弾申込書
        ※申込みの受付期間は、2月5日(月)から2月19日(月)までです。ただし、
         先着順で受付し、定員になり次第締め切らせていただきます。
        ※参加決定後、ご案内の通知を発送させていただきます。

山下智道さん(ハーブ王子/野草研究家)
幼い頃からの生け花、そして父の仕事が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守り、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、「ハーブ王子」として、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。
ハーブ王子
写真は、「こうげの野草ワークショップ」の様子
(平成29年5月7日(日)西友枝体験交流センター「ゆいきらら」)

今回のフィールドは、都市との交流が盛んで素晴らしい景観を有する東上有田地区
巣狩山山頂からの風景
巣狩山山頂からの風景

田舎暮らし研究交流サロン
田舎暮らし研究交流サロン

2017年こうげの野草ワークショップ振り返り

早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。

今年は、第一弾がハーブ王子こと山下智道さん、第二弾が平田真知子さんと、初めてお招きする講師の方々により、新たな「こうげの野草ワークショップ」が始まりました。
少しずつですが、今年開催したワークショップの様子を振り返ってみたいと思います。

まずは、第一弾となる「ハーブ王子と野草生活」。平成29年5月7日(日)に、西友枝体験交流センターゆいきららにおいて開催されました。ゴールデンウィーク最終日にもかかわらず、参加者は町内外から18名、久留米市や糸島市など遠方からもご参加いただきました。

講師に「ハーブ王子」として全国各地でご活躍されている野草研究家の山下智道さんをお迎えし、野草の活用方法や食草と毒草の見分け方などを教えていただきました。
最初に、ゆいきらら周辺の野草散策。ハーブ王子はどんどん野草を見つけて説明してくれました。ハーブ王子の知識の豊富さ、植物の詳しさには参加者の皆さんもとても驚かれていました。
ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

次に、野草の団子づくり。ミツバ、タンポポ、オオバコ、ヨモギの4種類の野草団子づくりを体験しました。ハーブ王子が手際よく調理して見せ、かわいらしく盛り付けまで。参加者の皆さんもハーブ王子をお手本に、みんなで協力して野草団子ができあがりました。
ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

野草団子

最後は、野草ランチ会です。季節の野草を使ったゆいきらら特製のたまてばこランチやデザートにはみんなで作った野草団子を楽しくおいしくいただきました。
ゆいきらら「たまてばこランチ」

ハーブ王子と野草生活

参加者の皆さんからは、「毒草と野草の見分け方がわかったのでよかった」「ランチがとてもおいしかった。風味がよくてよかった」などの感想が寄せられました。
ハーブ王子と野草生活

第二弾のワークショップは、講師に九州薬草趣味の会連絡協議会理事・常任講師の平田真知子さんをお迎えし、「身近な薬草」をテーマに座学と実習の2部構成で開催しました。

まずは、第1部の座学。平成29年8月25日(金)、げんきの杜において薬草の講演会が行われました。
平田先生が有毒植物、雑草、薬草の違いから、その中でも病気の予防となる薬草について、効果や採取時期・保存方法などを説明してくれました。
それから、平田先生が現物を持参した薬草「ニワトコ」を使いながら薬効について勉強し、最後にお茶と煎茶の違いやブレンド茶の作り方を教えていただきました。
また、特別に平田先生が毎年訪れるというチベットのお話も聞くことができました。
「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

次に、平成29年10月17日(火)は第2部となる大池公園周辺の野歩きです。連日の雨で屋外での開催が心配され、当日も小雨が降るなか野歩きが始まりましたが、だんだん雨も止み、無事に薬草探しに出かけることができました。
平田先生が様々な薬草や木の実を見つけ、効果や使い方、採取時期などを教えてくれました。参加者の皆さんはメモを取るのに必死です。思い思いに薬草も摘みながら、大池公園周辺を歩きました。
「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

第1部、第2部とも平日の日中にかかわらず多くの方にご参加いただき、参加者の皆さんからは「わかりやすくとても参考になった。」「今後の生活に役立つことが多く、とても勉強になった」「先生のお話が楽しく、がんばって覚えようと思いました」などたくさん感想が寄せられました。

第一弾、第二弾ワークショップともに大好評でした。ご参加いただきました皆さんありがとうございました。
現在、第三弾ワークショップを企画しているところです。寒い時期の開催予定ですが、こうげの野草はたくましく元気です。詳細についてお知らせできるまで、今しばらくお待ちください。来年もよろしくお願いいたします。

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)

こうげの野草ワークショップ2017第二弾「身近な薬草」-参加者募集-

厳しい暑さが続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、こうげの野草ワークショップ2017第二弾が決定しました!

今回は、九州薬草趣味の会連絡協議会理事・常任講師の平田真知子さんをお招きして、座学と実習の二部構成で開催します。

申込み受付は、8月4日(金)からです。皆さまのご参加をお待ちしております。

【座学】
開催日時   平成29年8月25日(金)13:30-15:50 ※13:00から受付

会  場   上毛町げんきの杜 視聴覚室(上毛町大字八ツ並143番地1)

内  容   講演「身近な薬草①」

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※30名(先着順)

参 加 料   一人500円

【実習】
開催日時   平成29年10月17日(火)13:30-15:50 ※13:00から受付

会  場   大池公園周辺(上毛町大字下唐原)

内  容   野歩き「身近な薬草②」

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※30名(先着順)

参 加 料   一人500円

【申込先】
上毛町企画情報課 TEL0979-72-3111/FAX0979-72-4664
〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1

【申込方法】
申込用紙に必要事項を記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、メールまたはファックスでお申し込みください。
※申込書はこちらからダウンロードできます。
申込書(こうげの野草ワークショップ第二弾)
※申込の受付期間は8月4日(金)から各開催日の3日前までです。ただし、先着順で受付し、定員になり次第締め切らせていただきます。

【講師:平田真知子さん】
昭和45年ごろから独学で薬草の勉強を始め、昭和54年から現在に至るまで、長崎市在住の植物学者・高橋貞夫先生に師事し、薬草の勉学を深める。昭和60年から各地の薬草会の指導をはじめ、自治体の健康作り大会で健康相談を行ったり、保健所、公民館、老人会、農協、ライオンズクラブなどの講演に飛び回るかたわら、健康雑誌や新聞などで執筆にあたる。現在、九州薬草趣味の会連絡協議会理事・常任講師
平田写真

【平田真知子さん著書紹介】
身近で採集できる薬草をはじめ、薬効の高い野菜や果物、ハーブ類のいろいろな利用の仕方を紹介しています。病気になりにくい体にするための薬草・野菜をまるごと楽しむガイドブック付きです。
平田真知子氏著書

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)

こうげの野草ワークショップ2017第一弾「ハーブ王子と野草生活」-参加者募集-

桜の開花も、そこここで。明日から新しい年度の始まりです。

こうげの里山の魅力を伝えるシンボルとしての野草。この足元にある身近な野草を、もっと気軽に楽しく、そして美味しく取り入れていただきたく、平成29年度は、野草のワークショップをシリーズで開催します。

第一弾は、「ハーブ王子」として全国各地でご活躍されている山下智道さんをお招きして、「ゆいきらら」で、野草散策と草団子づくりを行います。ゆいきららシスターズの野草ランチもセットでお楽しみいただけますので、この機会にぜひ。

申込み受付は、4月5日から。みなさんのご参加をお待ちしております。

開催日時   平成29年5月7日(日)10:00-13:30 9:30から受付

会  場   西友枝体験交流センター「ゆいきらら」(上毛町大字西友枝1520番地)

対 象 者   野草・里山に関心がある方  ※20名(先着順)

内  容   ①ハーブ王子と歩く野草散策
       ②野草の団子づくり
       ③ゆいきららの野草ランチ会

参 加 料   3,500円(保険料、体験、野草ランチ代)

申 込 先   上毛町企画情報課 TEL0979-72-3111/FAX0979-72-4664
        〒871-0992福岡県築上郡上毛町大字垂水1321番地1
        申込用紙に記入し、提出してください(郵送、ファックス可)
        参加決定後、御案内の通知を発送させていただきます。

申込方法   申込用紙に必要事項を記載の上、メールまたはファックスで申込み。
        ※申込書はこちらからダウンロードしてください。
         申込書(こうげの野草ワークショップ)20170507
        ※申込みの受付期間は4月5日(水)から25日(火)まで(先着順)

山下智道さん(ハーブ王子/野草研究家)
幼い頃からの趣味は生け花。父が登山家ということもあり、草花や野草を身近に感じる環境に育つ。
野草には、昔から生活の一部(お茶、薬、染物、野草風呂など)として取り入れられるほど、日本人の身体に合う素晴らしい効能があるにもかかわらず、現在では、その知恵や伝統が忘れさられていくことに危機感を抱き、祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守りたい、この伝統を今の日本に復活させたいという強い思いから、「ハーブ王子」として、全国各地で講演会やセミナーを開催するなど、意欲的に活動している。
ハーブ王子と野草散策
※写真:ハーブ王子HPより

野草ブック
野草ブック。こうげの魅力をお伝えする必携の書。

ハーブ王子とゆいきらら委員長
打合せの様子。ハーブ王子がゆいきららに御来館。

野草ランチ
ゆいきららの野草ランチ。お楽しみに。

text=森重了一(上毛町企画情報課)

こうげの草をいただくシリーズ-御礼-

春めいてきました。気がつけば年度末。うかうかしていられません。

里山の野草は、こうげの豊かさを象徴する代名詞です。
そんな上毛町の「こうげの草をいただく」シリーズは、足元にある宝物を見つめ直し、みんなで大切に育んでいくために始まった企画です。
2013年の夏に始まり、2016年の秋まで。4年にわたり、地域と共に歩んできたシンボリックなイベントでもあります。

薬草の権威として知られる村上光太郎先生をアドバイザーとしてお迎えし、まずは、啓発的な勉強会から。
そして、昨秋までには、野草を楽しむ1泊2日の体験ツーリズムを、地域のみなさんと一緒に提供することができるようになりました。
今や、野草を体験するなら上毛町。
特に、里山観光拠点「ゆいきらら」や「巣狩谷グリーンツーリズム」を舞台に、地域のみなさんと一緒に成長することができた4年間だったと思います。たくさんの気づきから、地域には次第に変化が生まれ、少しずつ自信や誇りにつながっています。町外にも、こうげを応援してくれる方が増えてきました。
関わってくださったみなさん、参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

村上光太郎先生と御一緒する「こうげの草をいただく」シリーズは、これで大団円となります。
2017年の野草企画は、現在仕込み中。これまでに培ってきたことをベースに、地域のみなさんと一緒に、より良い企画を提案していきたいと思います。こうげの草に、乞うご期待。

text=森重了一(上毛町企画情報課)

村上光太郎先生(講演)
2013年夏、全てはここから。(こうげの草をいただく夏2013)

村上光太郎先生(散策)
2013年秋、シリーズ最多の参加者で賑わう。(こうげの草をいただく秋2013)

ゴトウタカコさん
こうげ野草の第一人者、料理家ゴトウタカコさん。(こうげの草をいただく夏2013)

野草弁当(ゆいきらら)
ゆいきららの野草弁当が誕生。(こうげの草をいただく冬2014)

石窯の野草ピザ
巣狩谷の石窯野草ピザが誕生。(こうげの草をいただく冬2014)

Exif_JPEG_PICTURE
そして「こうげの草をいただく秋2016」は、1泊2日の野草体験ツーリズム。

Exif_JPEG_PICTURE
地域のみなさんが仕込んだ薬酒や酵素ドリンク。(こうげの草をいただく秋2016)

野草ドリンク(ふるまい)
酵素ドリンクは、ウエルカムドリンクに。(こうげの草をいただく秋2016)

Exif_JPEG_PICTURE
高い専門性と駄洒落が絶妙なバランスの村上先生(こうげの草をいただく秋2016)

野草散策(大池)
大池公園の散策会の様子(こうげの草をいただく秋2016)

野草(キササゲ)
キササゲ発見、腎臓に良いのだとか。(こうげの草をいただく秋2016)

野草標本(大池)
大池公園の野草。(こうげの草をいただく秋2016)

料理(井口さん)
野草料理のコーディネートは、井口和泉さん。(こうげの草をいただく秋2016)

調理(蕗の葉包み蒸し)
みんなで、蕗の葉の包み蒸し。(こうげの草をいただく秋2016)

調理(天ぷら)
天ぷらは、こうげの女性陣が担当。(こうげの草をいただく秋2016)

Exif_JPEG_PICTURE
朝食はゆいきららの野草弁当、贅沢。(こうげの草をいただく秋2016)

野草散策(巣狩谷)
巣狩谷散策、ゲンノショウコに人だかり。(こうげの草をいただく秋2016)

巣狩谷の試食会
巣狩谷の美味しく楽しい石釜料理。(こうげの草をいただく秋2016)

村上先生と歓談
合い間のひとときは、村上先生と過ごす有意義な時間。(こうげの草をいただく秋2016)

村上光太郎先生、ありがとうございました。

こうげの草をいただく秋2016-参加者募集-

処暑を過ぎ、ずいぶん秋の気配を感じられるようになってきました。
この秋、こうげの里山のシンボルイベント「こうげの草をいただく」シリーズを開催します。

薬草の権威として有名な村上光太郎先生と過ごす2日間。
村上先生とこうげの里山を歩き、料理家の井口和泉さんのコーディネートで、摘み草を美味しくいただきます。野草の薬効や使用法などを、じっくり体験的に学ぶイベントです。
今回は、2部構成で、第1部の「講演会」は参加費無料です。第1部のみの参加も可能ですので、お気軽にお問合せください。

この2日間にわたる村上先生の野草イベントは、上毛町では初の試みです。
ぜひ、みなさんに応援していただけると幸いです。

みなさんのご参加をお待ちしております。

■概要
第1部 10月15日(土)13:30- 15:00[無料 定員70人]
     -村上先生による野草講演会-
第2部 10月15日(土)15:00- 16日(日)14:00[5,000円 定員30人]
     -野草散策会や野草料理交流会など-

■会場
(1)ふれあいの家京築(15日13:30-16日9:00まで)
(2)田舎暮らし研究交流サロン、巣狩谷ライブハウス(16日9:30-)

■申込方法
申込用紙に必要事項をご記入の上、企画情報課窓口にご提出いただくか、
郵送・メール・ファックスのいずれかでお申込ください。

【注1】申込みについては、次の点にご注意ください。
○申込受付は、9月5日(月)から9月20日(火)まで。先着順です。
○第1部のみ参加の方は、申込書の提出で、受付完了となります。※ただし先着順
○第2部の参加費は、事前振込となります。窓口にご持参されても結構です。
○申込をされた方から順次、振込先の御案内をさせていただきます。
入金の確認ができ次第、受付完了となりますので、ご注意ください。

【注2】宿泊については、次の点にご注意ください。
○宿泊場所の京築ふれあいの家は、研修施設です。
○開始・終了時に、施設の方によるオリエンテーションがあります。
○タオルや洗面用具は、ご持参ください。
○お風呂は、大浴場となります。近くに温泉館「大平楽」もありますので、各自でご利用ください。
○相部屋の雑魚寝(男女は別)となりますので、予め御了承ください。
○個室が良い方や、宿泊をされない方は、別に各自で調整していただきますようお願いします。
 ※パンフレットに上毛町の宿泊施設などを掲載していますので、ぜひご活用ください。

■パンフレットや申込書は、こちらから
パンフレット(こうげの草・秋2016)
申込書(こうげの草・秋2016)

チラシ表面(こうげの草をいただく秋2016)
チラシ内面(こうげの草をいただく秋2016)

■詳細

【第1部】15日13:30-15:00(ふれあいの家京築多目的ホール)
 定 員  70名(先着順)
 参加費  無料
 講演会  野草の魅力とその真実
      -村上先生による講演会です。身近な草の魅力に迫ります-
      ※野草商品の展示販売も行います。

【第2部】15日15:00-16日14:00
 定 員  30名(先着順)
 参加費  5,000円
      ※2食(夜・朝)・ふれあいの家宿泊・保険料込み
      ※水筒・軍手・洗面用具・タオルなどは持参

 ○15日15:00-(ふれあいの家京築、大池公園周辺)
 散策会  大池公園の野草
      -大池公園を散策し、季節の野草を探してみます-
 食事会  こうげの野草を食す
      -村上先生や料理家井口さんと一緒に野草料理をつくります-

 ○16日9:30-(田舎暮らし研究交流サロン、巣狩谷ライブハウス)
 座談会  野草 何でも質問会
      -村上先生への質問を中心に、野草をより深く学びます-
 散策会  巣狩谷の野草
      -村上先生と巣狩谷を歩き、石釜の野草ピザを体験します-
       ※簡単な野草の加工技術のレクチャーも行います

■講師
村上光太郎先生(崇城大学 名誉教授)
長年、全国各地の民間薬調査、薬用植物分布調査を行い、国内外において生薬の効能の解明普及に努めています。
平成25年度から、上毛町の野草研修やイベントに講師として関わっていただいています。

井口和泉さん(料理家)
ヘルシーでカラフル、美しいは美味しいをモットーとし、福岡を拠点に各地で料理教室をはじめ、季節の野菜を使った保存食や酵素づくり、気軽な摘み草やハーブを用いた料理にジビエのほか、各種イベントでの講義、商品開発、暮らしと食卓まわりについての執筆など、幅広く活躍しています。
村上先生と井口和泉さん

■対 象 者
野草・里山に関心がある方

■主催
住みたい上毛町推進プロジェクト(上毛町企画情報課)

■協力
巣狩谷グリーンツーリズム研究会ほか地域のみなさん

■お問い合わせは
上毛町企画情報課 TEL0979-72-3111(内線122 森重)まで
FAX0979-72-4664 E-mail kijyo@town.koge.lg.jp

Next Posts