こうげの良いもの-川底柿とこうげのようかん-

梅雨の晴れ間。今日は久しぶりに御天道様が顔を覗かせました。貴重な晴れの日には、やることがいっぱい。

こうげのようかんと言えば、大平川底柿生産組合の柿ようかん。古くから庭木として暮らしとともにあった川底柿は、時代の流れとともに、手付かずになり、放置されるものが増えていました。そんな光景を見るに見かねた有志の手によって誕生したのが、この川底柿のようかん。地域の女性が集まって、加工を担当しています。手づくりのやさしい味。40年近く変わらない製法で受け継がれています。かつて、大手菓子メーカーからもお誘いがあったらしく、自信を持ってお勧めできる逸品なのです。

こうげのシゴトでは、平成24年から2年間ほど「研究会」という形で、ようかんの持つ古き良き部分を見つめ直す作業と、それを伝えていく方法を、一緒に考えてきました。でも、価値を伝える作業については、まだまだこれから。
先日、久しぶりに組合の加工所を訪ねました。何年経っても変わらない雰囲気に安堵しながらも、確実に高齢化が進んでいることを実感します。特に、後継者の話題になると、危機感に近いものが感じられます。これからうまく残していけるかどうか、引き継いでいけるかどうか。失くしてはいけないものが、ここにもあります。
そんな中、組合発足当時に販売していた「ひより柿」を復活させようという明るい話もありました。ひより柿は、天日干しにした川底柿を1年以上熟成させたもの。

これから、これまでの研究を踏まえ、地域内外のみなさんと一緒に、何かしらお手伝いができないかと考えています。
そして、広くみなさんに応援していただけますように。よろしくお願いします。

text=森重了一(上毛町企画情報課)

こうげの柿・ゆずようかん
ようかんだけでなく、このパッケージもずっと変わらない良い味。

こうげの川底柿
川底柿。殿様に献上されていたという400年の歴史があります。

ゆずようかんの素材
ゆずようかんの素材。全て手作業で進められます。

ようかんづくり
ようかんづくり。4時間ほど、じっくり煮詰めていきます。

ようかん充填作業
ひとつひとつ丁寧に充填。

ようかん充填作業
加工部員は、現在4名。まずは、見学やお手伝いなど、御関心のある方はお知らせください。

こうげ川底パニック
デザインを学ぶ学生たちによるプレゼンテーション(2014年)。活かしていきたいと思います。

ひより柿
ひより柿の復活も、今秋あたりに。

外からの視点と内の理解

7/17(水)の午前中は大平川底ガッキー研究会の第12回。

前日に引き続き、この日は柿ようかんの生産工程を視察。
二日連続で猛暑日の中、つくっていただきました。


梱包作業では、講師の首藤氏も加わり、生産工程を少しだけ体験。


突然の上毛町長訪問があり、柿ようかんへの思いや生産方法について説明。


作業は午前8時から始まり、午後2時まで。
一日に一種類しか作れないため、作業は基本的に二日間に渡るのだとか。

今回で、商品開発に係るコンセプトやパッケージづくりのための材料集めが一通り終わりました。
次回は、それらの材料をまとめた企画書の確認作業を行います。

中身を知るということ

7月16日(火)の午前は大平川底ガッキー研究会の第11回。

この日は、柚子ようかんの生産工程を視察しました。

全て手作業で行っているようかん作り。
その生産工程を知ることは、新しいパッケージづくりの重要な資料となります。

包装の際に生産者の負担にならないパッケージ。
生産者の思いと、この手作り感が伝わるデザイン。

同じ空気を味わってこそわかる苦労と熟練の技。
外の視点を入れ、整理していくことで商品を磨き上げます。


生産工程を知ることで愛着が沸く


商品を手に取るお客様からは見えない部分を伝えるには


売れなければ続けられない、残せない技

気づきの時間と決断の瞬間

7月3日(水)の午後は、大平川底ガッキー研究会の第10回。

前回同様、講師の首藤ひとみ氏が用意した商品パッケージを新しくするための企画書づくり。
主に、パッケージを変えようと決断するに至った経緯について整理。

これまで9回の研究会を行う中で、生産組合の方々の意識は変化を見せてきた。

30年以上つくり続けてきた柿ようかんだが、時代は動き、
原材料が高騰したり販売先が変わったり。

柿ようかんをつくり続けたい、伝えたいという思いを軸に、
研究会では売り方の重要性を訴えてきた。

今では、いざ、自分が選ぶ立場になった時に、研究会で学んだことが思い浮かび、
見栄えのしないパッケージでは土産品は買えないのだとか。

文章や図で視覚化し、整理することで決断を固めていく。

次回は、柿ようかんと柚子ようかんの製造工程を確認します。


研究会で行き交う言葉を整理


学ぶ姿勢を持ち続ける


研究会でつくりたいのは、新商品だけではなく気づきと継続する力

これまでの研究会をまとめていくように

6/21(金)の午前は大平川底ガッキー研究会の第9回。

前回学んだ商品開発の段取りに基づいて、今回から商品企画に着手しました。

まずは改めて現状の分析。商品の特徴、材料、原価、生産体制、
売り上げの状況などを皆で話していきました。

各研究会で交わされた情報や意見を集約していく、
いわば、これまでの研究会をまとめる作業です。
講師からの指導を思い出しながら、一つ一つ丁寧にまとめていきました。

次回は、まとめた内容を確認しながら、
商品をどう変えていくのかを考えていきます。

皆、乗り出して原価や売り上げ状況など、現状を再確認。


これまでの研究会を思い出しながら、商品企画についてまとめていく。

変えられなかった理由

6月12日(水)の午後は、大平川底ガッキー研究会の第8回。

継続的に商品販売を行うための原価計算も学び、商品開発の具体的な話を始めました。
どういった行程が出てくるのか、スケジュールを確認しながら今後の準備と心構えを整えます。

しかし、いざとなると足踏みしてしまうのは、これまで同様、今回も。
他地域を羨んでしまったり、できないことばかりが気になってしまいます。

それを乗り越えるために、講師の首藤氏が何度も
商品パッケージの意味や販売方法の大切さを訴えてきました。
今は、生産組合の方々もその重要性には気づいている様子。

ここで商品パッケージを新しくすることは、過去を塗り替えるのではなく、
実績を踏まえて新たな挑戦を生み出すこと。

今回は原価計算の宿題も出され、次回からは商品開発の企画に移ります。


今回は講師を交え、手作りのお昼ご飯を食べてから開催


日常生活の中でも、販売方法や商品パッケージに目がいくように

伝統を残しながら

5/24(金)は大平川底ガッキー研究会の第7回。
ようかんのパッケージを新しくしようと動き出します。

まずは、全体の予算やパッケージ制作にかけられる経費の確認が必須。

また、パッケージを良くしても、その商品の陳列方法が悪ければ効果は出にくく、
他の展示物と並べるなど工夫することで、より良い効果が生まれることも。
変えるのは商品パッケージだけではなく、商品そのものの売り方や見せ方。

店舗や環境の変化に左右されない自分たちの軸を持ち、
良い商品を、良いものだと伝える工夫が大事。

しかし、理屈ではなんとなく理解できても
長年使用してきたパッケージに手を加えるには覚悟が必要。

一つひとつ確認しながら、次回は、パッケージ制作を行う手順と優先順位を確認していきます。


この日は御萩と黄粉餅をいただきました


連携プレーはお手のもの


自分たちが目指すパッケージとは

(実践支援員:駄賃場)

===
<研究会情報>
◎6/5(水)
10:00 第11回築上たまごにわとり研究会/講師:前崎成一氏
◎6/6(木)
14:00 第8回村のパン屋SUN研究会/講師:光易清輝氏
◎6/7(金)
09:00 第10回ゆいきららキラキラ研究会/講師:ゴトウタカコ氏
◎6/11(火)
14:00 第9回二反田ショウユ―こと研究会/講師:先崎哲進氏
◎6/12(水)
13:30 第8回大平川底ガッキー研究会/講師:首藤ひとみ氏
◎6/19(水)
13:00 第3回みんな持ってるつばさ研究会/講師:井口和泉氏
◎6/21(金)
10:00 第9回大平川底ガッキー研究会/講師:首藤ひとみ氏
14:00 第2回からあげハリウッド研究会/講師:首藤ひとみ氏
===

パッケージを通して伝えたいこと

4/22(月)の午後は大平川底ガッキー研究会の第6回。

まずは前回の宿題の確認。
参加者それぞれが気になるパッケージを持ち寄って
何がどう気になったのかを意見交換。

パッケージの違いで印象が大きく異なることを再確認しつつ、
中身がイメージできるパッケージなのか、
作っている人や場所をイメージできるパッケージなのか、など
パッケージを通して何を表現するのかを検討しました。

次回も引き続き、検討を重ねていきます。

それぞれが持ち寄ったパッケージを見ながら意見を交わす。
お土産品などを見るときに意識して見るようになったそう。


中身は変わらなくてもパッケージで印象が大きく異なる例。


干し柿ようかんと柚子ようかん。どんなパッケージになるだろうか。

(統括M:久保山)

===
<研究会情報>
◎5/3(金)
14:00 第8回二反田ショウユ―こと研究会/講師:先崎哲進氏
◎5/10(金)
13:00 第10回築上たまごにわとり研究会/講師:前崎成一氏、宮城雅子氏
18:30 第13回巣狩谷グリツリ研究会/講師:宮城雅子氏、入江啓太氏
◎5/11(土)
12:00 第7回村のパン屋SUN研究会/講師:光易清輝氏
◎5/24(金)
10:00 第7回大平川底ガッキー研究会/講師:首藤ひとみ氏
14:00 第2回からあげハリウッド研究会/講師:首藤ひとみ氏

<イベント情報>
◎5/11(土)~19(日)
天神ビレッジ@福岡パルコ
※二反田ショウユーこと研究会の商品が出展されます。
 また5/13(月)18:00には醤油にまつわるトークイベントを開催。
===

贈答品としての選びやすさ

3/28(木)の午後は大平川底ガッキー研究会の第5回。H24年度最後の研究会です。

この日は「新こうげ主義」の振り返りと今後の方針について検討。

たくさんのアンケートを見てみると、そのほとんどが味に良い評価で、
ようかんが嫌いと応えた人の中にも、美味しかったと書いている方が複数いました。
一方でパッケージや価格についてのご意見も多数。
贈答に使いたくても価格が安すぎると、相手に失礼な気がして贈りにくいもの。
パッケージも気になります。

これまで色々なところで聴いていた声に加え、今回のアンケートを受けて、
サイズ、パッケージ、価格について本格的に見直すことに。
今後、贈答用の商品開発を行っていきます。

お茶会では沢山のアンケートをいただいた。重しは組合員の方のお宅で取れた無農薬レモン。


皆でアンケートを読みながら、今後について語り合う。


研究会前に手作りのこんにゃくの試食が。贅沢な時間。


研究会があるからと、ついてくださったお餅。白い方には桜が練り込んである。

(推進員:久保山)

PRばかりでなく、ヒアリングのチャンスとして

2/23(土)の午後は大平川底ガッキー研究会の第4回。

今回は来週に迫った「新こうげ主義」の準備。
研究会ブースで何をどう見せるか。実際に材料を持ち込んで話し合いました。

今度のイベントは専門家や都市住民から意見をきける大事な機会。
自分たちとしてアピールしたいことを検討するとともに、
どんなことについて意見が欲しいかを洗い出し。
試食を通して味についてはもちろん、
課題となっているパッケージや価格についてもアンケートを取ることに。

当日が楽しみです。

展示に使う材料を見ながらレイアウトについて検討。


製品だけではなく、その過程がわかるものも準備する。


研究会終了後はミトリ豆のおこわと自家製の漬け物が。美味しくてお土産までもらう。

(推進員:久保山)

Next Posts