たまごの流通ってどうなってるの?

11/20(火)の午前中は築上たまごにわとり研究会の第3回目。

たまごの卸業としてたくさんの販路をお持ちの築上鶏卵(株)さん。
その取り扱っている商品やパッケージ、パンフレットなどをお持ちいただいて、
模造紙や付箋を使いながら情報の整理をしました。
たまご業界の流通の仕組みや慣習について教わりながら情報の整理をしていくと、
どこに力を入れたいのか、何が課題になっているのかも少しずつ見えてきました。

次回は社屋(工場)についての検討も加え、コンセプトをより明確にしていきます。

講師の前崎成一氏からコンセプトや目標についてアドバイス。


商品、パッケージ、パンフレットを机に並べてみる。


飲食店、スーパー等店舗、直売所・・・と販路ごとに商品を並べていきました。

===
<研究会情報>
◎12/12(水)
10:00 第3回ゆいきららキラキラ研究会/講師:光易清輝氏
14:00 第1回村のパン屋SUN研究会(仮称)/講師:光易清輝氏
◎12/13(木)
10:00 第3回築上たまごにわとり研究会/講師:前崎成一氏、宮城雅子氏
◎12/調整中
18:00 第5回巣狩谷グリツリ研究会/講師:宮城雅子氏
◎12/21(金)
13:00 第1回ごぼう工房研究会(仮称)/講師:首藤ひとみ氏
◎12/25(火)
14:30 第1回熊谷農場研究会(仮称)/講師:ゴトウタカコ氏
===

(推進員:久保山)