お米のテイスティング

1/21(月)の午前中はゆいきららキラキラ研究会の第5回。

前回の水と塩のテイスティングに続いて、
今回は料理に使うお米のテイスティングを行いました。

品種と生産者の異なる地元で採れるお米を3種準備し、食べ比べ。
お米だけではなく、漬物やきんぴらなどのおかずも数種類準備し、
炊いたお米の食感やおかずとの相性などを考えながら、お米を一つに絞りました。

次回はこれまでのテイスティングをもとに、料理の試作に移っていきます。

まずは商品開発についておさらい。過去の町内の取組など、貴重な情報も出てきました。


お米のテイスティングの準備。講師の光易清輝氏も一緒にお手伝い。


試食の準備完了。試食にもハランを飾る心遣いが。


食べ比べながら、食感や味など、感じたことをメモしました。

(推進員:久保山)