刻々と状況は変化する

3/21(木)の午前中は村のパン屋SUN研究会の第5回。

この日は「新こうげ主義」の振り返りと今後の方針について検討しました。

改めて現在の状況を確認したところ、スタッフに欠員が出たため
運営体制が厳しくなっていることが判明。
作業効率の見直しや商品開発を行うにも、スタッフの補充が必要だということで、
まずは求人を行うとともに、再度コンセプトから見直すことに。

次回はコンセプトから煮詰めなおします。

先日の新こうげ主義で試食してもらったパンランチ。


研究会を進めていく中で、状況も変化。随時、確認しながら検討を。

(推進員:久保山)