実践の中で見えてくる課題

3/21(木)の午後はゆいきららキラキラ研究会の第8回。

この日は今年度最終回の研究会。
お彼岸の時期ということもあって、いつもより参加者は少な目でしたが、
先日の「新こうげ主義」の振り返りを行いました。

アンケートや実際にやってみての感想などを交わしながら今後の課題を検討。
運営面、料理面ともにまだまだ身になっていないこと、
これから取り組む必要があることなどが色々と出てきました。
料理については今回のイベントに加え、3月は色々と催しが多く、
その中で少しずつ腕が磨かれていっている様子。
春からも引き続き料理をしっかりと磨いていきたいところです。

新年度は、改めてコンセプトを見直すところから始めます。

料理を仕込むゆいきららシスターズ。一番の売りはやはりおばちゃんたちか。


大交流会におけるゆいきららのブースで。

(推進員:久保山)