売れる通販にするために

6/21(金)の午後から、第3回目のからあげハリウッド研究会。

当研究会は「通販」というキーワードを中心に話が進んでいる。
前回の研究会では、既存の通販商品を確認し、さらなる可能性をみんなで探りあった。

研究会開始直後に高西氏から早くも提案が。
通販商品に同梱している「お礼文」と「調理方法」について、何やら再考してみたとのこと。
現状は、この「お礼文」と「調理方法」を一枚の紙に集約して印刷したものを使用しているのだが、
「お礼文」と「調理方法」 を一枚ずつの二枚に分けるそうだ。

そうすることが、正しいか、どうかというよりも。
そのようなことにも細やかに一つずつ配慮する「気遣い」で、受け手の印象は違ってくると思う。

講師が参考に持ってこられていた、「通販化粧品」の商品を手にとり、あれこれ話しながら、
通販に対する「気遣い」の考え方や効果を学んだ。

それと。今回の研究会のテーマは「ホームページ」について。

まず、中津市を拠点に展開している有名からあげ店を数店のホームページと比較してみることに。
最近の主流として、TOP画面はスクロール無しのブランドイメージを強調するものが多い。
これは、現代のスマートフォンやタブレットからのインターネット利用も影響しているそうだ。

当店のホームページを見直すと。
中国語のようにズラッと並ぶ漢字と、本店の外観を紹介するイメージ画像が目に入る。
配色に関しても紫色を基調としていて、からあげを連想しにくい。

通販にホームページは不可欠なので、これも少しずつ鍛えていくことに。
食品を中心とした企業や飲食店のホームページを参考にし、 講師から次々とアドバイスが。
WEB画面の大きさやイメージの作り方、「しずる感」を演出する配色など、
やらなければならない課題が、またもやたくさん見えてきた。

ここは焦らずに、すぐに出来ること、出来ないこと、課題をしっかり整理して進めていきたい。

お客様にとって本当の気遣いとは?


整理されたホームページを参考に


いつも前向きに研究会に取り組まれる高西氏