思いを自分の言葉に変えていく

7/16(火)は二反田ショウユーこと研究会の第10回。

先日の福岡パルコでのイベントに向けて開発した
限定商品である6年熟成の無添加丸大豆醤油。
この醤油について商品モニタリングを行い、
今後の商品開発に活かせないかということになりました。

しかし、例えばアンケートを取ろうにも、どうすればよいかわからない。
そこで、今回の研究会ではアートディレクターの首藤氏にお越しいただき、
商品モニタリングも含めた、商品の伝え方について指導いただきました。

アンケートを取るにしろ、商品をPRするにしろ、
その商品について、誰に、何を伝えたいのか、
事業者側がしっかりと言葉として持っておくことが何よりも重要とのこと。

これまでイベントやホームページ制作等で検討を重ねてきた
コンセプトや商品への思いなどを、言語化することになりました。

これまでの検討や商品への思いを講師の首藤氏(写真左)に語る醤油杜氏の岩住氏(写真右)


熱心にメモを取る。商品への思いを抽象的ではなく、具体的な言葉に落としていくことが必要。