中身を知るということ

7月16日(火)の午前は大平川底ガッキー研究会の第11回。

この日は、柚子ようかんの生産工程を視察しました。

全て手作業で行っているようかん作り。
その生産工程を知ることは、新しいパッケージづくりの重要な資料となります。

包装の際に生産者の負担にならないパッケージ。
生産者の思いと、この手作り感が伝わるデザイン。

同じ空気を味わってこそわかる苦労と熟練の技。
外の視点を入れ、整理していくことで商品を磨き上げます。


生産工程を知ることで愛着が沸く


商品を手に取るお客様からは見えない部分を伝えるには


売れなければ続けられない、残せない技