アナログ作業

7/25(木)午前中は、築上たまごにわとり研究会の第13回目。

前研究会から引き続き、古野氏自らロゴ制作中のたまごにわとり研究会。
前回「たまごにわとり問屋」の思いを筆に込め書いたものを、データ化し、さらに具体化する作業。
出力されたロゴを、さらにコピー機で拡大縮小しながら、一文字づつ丁寧にレイアウトしていく。
デジタルな現代とは真逆のアナログな手法は、講師である前崎氏の「狙い」があるように感じた。
本来であれば、こういったロゴデザインのレイアウトは全てPC上で短時間で出来てしまう作業だ。

「自分の手を動かし、ロゴについて考え抜くことで、イメージがより具体的になる」

古野氏に、そう声をかける前崎氏。
ここ最近の研究会で感じることは、両者とも、楽しそうに工作をしている子どものようだ。

ロゴ制作を通じて、これからのデザイン展開(パッケージ、パンフレット、ウェブ)に繋がれば。
イメージを固めるとは、文字で見るほど容易なことではないようだ。
今回の研究会でレイアウトしたものは、再度データ化を行い、いよいよ完成へと近付いていく予定。

今後の流れとしては、ネット販売も古野氏自身で行えるようにするため、
情報発信の準備の一環として、「使える写真基礎講座」も大いに活用してもらいたい。

決して広いとは言えない、小さなテーブルでの作業は、この研究会の大きな期待へと膨らんだ。


一文字づつ拾い上げ、配置する場所を細かく検討する


自ら制作することで、イメージがより鮮明に具体化されていく


作ってみたものは、一旦、客観的に見てみるのも大事