こうげの夏休み「里山体験-虫編-」【御礼】

こうげの里山の良さを伝える草虫本位制。
その拠点のひとつである巣狩谷は、こうげを代表する眺望と、気さくで開放的なウェルカム感が、ほっこり気持ちよく、ついリピートしたくなる集落なのです。
その巣狩谷で、グリーンツーリズム研究会が、初めて虫の体験プログラムを企画しました。今回、こうげのシゴトは共催です。今後も、研究会では定期的な開催を検討してくださっているらしく、とても頼もしいみなさんです。

昆虫巡査として親しまれている佐々木茂美さんを「虫先生」としてお招きしての体験プログラム。「生きもの観察教室」と題して、夏休み中の子どもたちを対象にしました。それは、親子で巣狩谷という空間の魅力を感じてほしいという思いから。結果、定員を超える御応募をいただき、巣狩谷は子どもたちの声で大賑わい。ありがとうございました。里山の身近な虫に目を向ける良いきっかけとなれば幸いです。

自然の造形はとても興味深いものです。例えば、ハネカクシという小型昆虫の羽。畳んだ羽は広げたときの5分の1程度に小さくなるそうです。しかも、それが一瞬で開いたり閉じたり。こうした虫の羽には、高度な技術が隠されているらしく、人工衛星の太陽光パネルの新たな畳み方など、宇宙の技術開発にも活かれているようです。虫は、人の思考が及ばないほどの優れた機能を持っていて、人は虫には到底叶わないと、虫先生の佐々木さんがいつも仰っています。

虫から学ぶことは多いと思います。もちろん草からも。里山には、いろんな教材が足元に転がっています。
そんなこうげの里山へ。みなさんのお越しをお待ちしてます。

体験の様子が、テレビでも紹介されます。ぜひご覧ください。
■九州朝日放送(KBC) 報道番組「ニュースピア」
■平成27年8月4日(火)18:25頃から

text=森重了一(上毛町企画情報課)

案内サイン
会場までの案内役。今日の会場は、巣狩谷につくった田舎暮らし研究サロン

受付
受付の様子。虫取り網と籠を持った子どもたちが続々。

虫の観察
虫の先生は、昆虫巡査こと佐々木茂美さん。

里の林
虫好きの子どもたちの一番のお目当ては、やっぱりクワガタ。すぐに林の中へ。

虫の座学
座学も、みなさん興味津々。身近な虫に危険な虫、飼育方法なども教えていただきました。

顕微鏡で観察
顕微鏡を使えば、知らない虫の世界が見えてきます。大人にも人気。

標本
標本も昆虫観察の大切なツール。昔は、子ども向けの昆虫採集キットがあったらしい。

御婦人たち
巣狩谷の御婦人たち。女性のチカラは、やっぱりすごい。作業効率もいい。

本日の野草(クズ新芽)
本日の野草。クズの新芽は天ぷらで。ほかにも、オオバコ、イノコヅチなども。

虫取り網と子どもたち
研究サロンは、子どもの遊び場としても最適です。

男衆と
巣狩谷グリーンツーリズムの男衆と。

閉会
あいさつは巣狩谷の山本会長より。進行は事務局長の中尾さん。ありがとうございました。