こうげの草をいただく春2016-御礼-

春。いたるところで春の萌しを感じることができるようになりました。

3月5日に、こうげの里山のシンボルイベント「こうげの草をいただく春2016」を開催しました。
今回のフィールドは、こうげ式グリーンツーリズムの拠点「巣狩谷」です。

御陰様で、申込受付開始から1日で定員に。福岡や北九州都市圏をはじめ、久留米、山口など、遠方から多数の参加をいただきました。なんと、最遠方は東京から。本当にありがとうございます。

平成25年度にスタートした「こうげの草をいただく」シリーズは、こうげの地域資源を活かした町づくりの一環として開催するイベントです。
上毛町の里山は、野草の宝庫。そこにある草たちは、足元の宝物。薬草の権威として知られる村上光太郎先生(崇城大学名誉教授)と一緒に里山を歩き、野草に秘められたパワーと、その摘み方や使い方などを教えていただいています。

醍醐味は、地域と連携した野草の料理体験。平成27年度からは、ある制限が無くなり、地域のみなさんと一緒に、伸び伸びとイベントを運営することができるようになりました。御参加くださる方からも、とても好評をいただいています。ありがとうございます。

これからも、地域のみなさんと共に歩み、上毛町の豊かさや魅力をどんどんアピールしていきます。
特に、巣狩谷グリーンツーリズムや、体験交流センター「ゆいきらら」では、いつでも体験交流などの参加者を募集していますので、ぜひ御利用ください。
どうぞ、こうげの里山の体験プログラムを御贔屓に。宜しくお願い致します。

text=森重了一(上毛町企画情報課)

こうげの草といただく春
今回のフィールドは巣狩谷。こうげ式グリーンツーリズムの拠点です。

フキノトウ
春を告げるフキノトウ、巣狩谷にもたくさん。村上先生方式で、苦味も美味しく楽しめます。

準備中(巣狩谷ライブハウス)
正午。巣狩谷のみなさんが、準備のためライブハウス(第2会場)に集まってきました。

準備中(サロン)
第1会場は、田舎暮らし研究サロン。ここは移住交流の総合案内所です。

薬酒展示
里山案内人として、いつも御協力いただいている堀寛子さんの薬酒を展示。

村上先生と堀寛子さん
村上先生が予定より2時間前に到着。研究熱心な地元の堀寛子さんと。

受付開始(研究サロン)
開始前、シャトルバスが到着して受付もピークに。

村上先生のお話会
村上先生のお話会。今回のテーマは、薬草と毒草について。

御参加のみなさん
聴く人を惹きつける村上先生の豊富な知識と茶目っ気。

野草散策(サロン前)
野草の散策会。好天に恵まれ、お散歩日和。

野草散策(村上先生)
実際に野草を摘むと、理解が深まります。

村上先生と巣狩谷ライブハウス
第2会場のライブハウスに到着。巣狩谷のみなさんが用意した摘み草を囲んで。

石釜ピザトッピング
野草の試食体験は野草餃子と野草ピザ。摘み草をトッピング。

石釜とピザ
巣狩谷グリーンツーリズムの石釜が活躍します。

石釜ピザ
石釜の野草ピザ。塩とオリーブオイルで素材を楽しみます。

柿の種丸薬づくり(村上先生レク)
柿の種で丸薬づくり。村上先生直伝。

柿の種(黒焼き)
今回は電子レンジを使用。加熱を繰り返すと柿の種が真黒に。

柿の種丸薬づくり(混ぜる)
ミルサーで粉にして、蜂蜜を加えて混ぜます。

柿の種丸薬試食
丸薬の試食、香ばしくて美味い。認知症が治るといわれています。

柿の種丸薬と女子
丸薬は、若い方も興味津々。骨粗鬆症予防にもなるそうです。

本日の野草標本
散策で集めた野草たち。みなさん、ありがとうございました。