こうげの草と老舗天然醸造醤油蔵-モノコトヒトと-

どこの町にも、少なからず、ずっと大切にされてきたモノやコトがあったりします。
ひとつひとつを紐解いていくと、それらの背景には、必ず「ヒト」の存在が見えてきます。その「ヒト」こそが、とても大事なんだろうと考えています。

こうげのシゴトが関わるモノコトについても、その辺をお伝えすることが目的です。
昔からあるモノの価値や、新しく生まれるモノの価値。より多くのみなさんに触れていただく機会があるとすれば、きっとそこから、つくり手の自信や地域の誇りにつながったり、ファンになってもらったり、ずっとみんなで応援していくことができるような、そんな良い循環が生まれたりするのではないかと思っています。

現在、二反田醤油さんの商品づくりのお手伝いをさせていただいています。二反田醤油さんは、大正8年創業。上毛町で100年の伝統がある天然醸造の醤油蔵です。「もろみ醤油」や「くぼて漬け」が郷土の味として、地域のみなさんに親しまれていますが、新しい動きもあります。昨年来の野草醤油の研究会では、商品化への道筋が具体的になってきました。二反田醤油の杜氏さんと、摘み草の御婦人たちが研究を進めています。乞うご期待。

text=森重了一(上毛町企画情報課)

二反田醤油の発酵蔵
100年続く二反田醤油本店。杜氏の岩住さんが、野草の摘み娘さんたちを御案内。

二反田醤油、創業当時の発酵蔵
大正8年創業当時の建屋。

野草醤油のサンプル(ヨモギ)
野草醤油の研究が進んでいます。

ノビル
野草醤油の素材として期待されているノビル。

ヨモギの新芽
こちらはヨモギ。この時季の新芽は特にきれいです。

ヨモギの下処理
どんな場面においても、支える「ヒト」がやっぱり一番。