2017年こうげの野草ワークショップ振り返り

早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。

今年は、第一弾がハーブ王子こと山下智道さん、第二弾が平田真知子さんと、初めてお招きする講師の方々により、新たな「こうげの野草ワークショップ」が始まりました。
少しずつですが、今年開催したワークショップの様子を振り返ってみたいと思います。

まずは、第一弾となる「ハーブ王子と野草生活」。平成29年5月7日(日)に、西友枝体験交流センターゆいきららにおいて開催されました。ゴールデンウィーク最終日にもかかわらず、参加者は町内外から18名、久留米市や糸島市など遠方からもご参加いただきました。

講師に「ハーブ王子」として全国各地でご活躍されている野草研究家の山下智道さんをお迎えし、野草の活用方法や食草と毒草の見分け方などを教えていただきました。
最初に、ゆいきらら周辺の野草散策。ハーブ王子はどんどん野草を見つけて説明してくれました。ハーブ王子の知識の豊富さ、植物の詳しさには参加者の皆さんもとても驚かれていました。
ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

次に、野草の団子づくり。ミツバ、タンポポ、オオバコ、ヨモギの4種類の野草団子づくりを体験しました。ハーブ王子が手際よく調理して見せ、かわいらしく盛り付けまで。参加者の皆さんもハーブ王子をお手本に、みんなで協力して野草団子ができあがりました。
ハーブ王子と野草生活

ハーブ王子と野草生活

野草団子

最後は、野草ランチ会です。季節の野草を使ったゆいきらら特製のたまてばこランチやデザートにはみんなで作った野草団子を楽しくおいしくいただきました。
ゆいきらら「たまてばこランチ」

ハーブ王子と野草生活

参加者の皆さんからは、「毒草と野草の見分け方がわかったのでよかった」「ランチがとてもおいしかった。風味がよくてよかった」などの感想が寄せられました。
ハーブ王子と野草生活

第二弾のワークショップは、講師に九州薬草趣味の会連絡協議会理事・常任講師の平田真知子さんをお迎えし、「身近な薬草」をテーマに座学と実習の2部構成で開催しました。

まずは、第1部の座学。平成29年8月25日(金)、げんきの杜において薬草の講演会が行われました。
平田先生が有毒植物、雑草、薬草の違いから、その中でも病気の予防となる薬草について、効果や採取時期・保存方法などを説明してくれました。
それから、平田先生が現物を持参した薬草「ニワトコ」を使いながら薬効について勉強し、最後にお茶と煎茶の違いやブレンド茶の作り方を教えていただきました。
また、特別に平田先生が毎年訪れるというチベットのお話も聞くことができました。
「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

「身近な薬草」講演会

次に、平成29年10月17日(火)は第2部となる大池公園周辺の野歩きです。連日の雨で屋外での開催が心配され、当日も小雨が降るなか野歩きが始まりましたが、だんだん雨も止み、無事に薬草探しに出かけることができました。
平田先生が様々な薬草や木の実を見つけ、効果や使い方、採取時期などを教えてくれました。参加者の皆さんはメモを取るのに必死です。思い思いに薬草も摘みながら、大池公園周辺を歩きました。
「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

「身近な薬草」野歩き

第1部、第2部とも平日の日中にかかわらず多くの方にご参加いただき、参加者の皆さんからは「わかりやすくとても参考になった。」「今後の生活に役立つことが多く、とても勉強になった」「先生のお話が楽しく、がんばって覚えようと思いました」などたくさん感想が寄せられました。

第一弾、第二弾ワークショップともに大好評でした。ご参加いただきました皆さんありがとうございました。
現在、第三弾ワークショップを企画しているところです。寒い時期の開催予定ですが、こうげの野草はたくましく元気です。詳細についてお知らせできるまで、今しばらくお待ちください。来年もよろしくお願いいたします。

text=石川奈緒美(上毛町企画情報課)