otakara_index

オタカラは足元に繁っていた

足元の宝再発見研究会

y02

y07



「野草」は上毛町の新しい顔となるのか。
取り組み状況

人の営みと伝統文化が息づくこの里山を歩いてみると、足元には実に多彩な野草が息づいていることに気づかされます。
ユキノシタ、イノコヅチ、ハコベ、オオバコ、ノビル、ヨモギ、ドクダミ、イタドリ、スベリヒユ等々。
上毛町の里山は野草の宝庫であり、古くから四季折々の野草が食として、
あるいは、薬として用いられ、多様な生態系を育んできました。
近年、野草はその薬効に対する様々な活用法が期待されています。
特に、特産品の開発や体験型観光の素材として、様々な角度からその可能性が追及されています。
平成25年度から、野草をテーマに、上毛町らしい生業づくりに向けた研修会が始まりました。




y03
y01


中途半端な町「こうげ」
当初問題点

これまで「特徴がない」「中途半端な町」だと、どこかネガティブな意識が根付いていた上毛町。
ずっと、新たなブランドの可能性を探していました。
熱意あふれる人材に恵まれ、人が元気に活き活き輝く町。
みなさんの誇りを可視化するシンボリックなものがあれば、
町全体でつながり、さらなる浮揚につながるのではないかと考えてきました。
そこで注目したのが、様々な可能性を秘めた美しい里山と、その生態系です。




y05
y04


野草からシゴトが芽生える。
解決への道のりと今後

野草の研究会は、まず観光分野の研修としてスタート。
「足元の宝再発見研究会」と称し、平成26年2月までに4回の研修会を開催。
講師には、野草の権威として知られる村上光太郎先生(崇城大学薬学部教授)をお迎えし、
フィールドワークや料理体験を行いました。
まずは、皆さんが野草に触れ自らその魅力を知り、その素晴らしさを知らせていくことから始まります。
また、里山の野草は新しい農作物としての可能性も秘めています。
農地に植えることで耕作放棄や遊休農地の解消にもなるのではないでしょうか。
野草を摘む人、栽培する人、加工する人、包装する人、販売する人。
それぞれが役割分担し上毛町全体で魅力的な商品を生み出し、流通させていく。
また、観光客の受入が始まります。この野草からはじまるつながりで、シゴトが生まれていくことを期待します。


(平成26年度の野草研修計画)
■野草商品づくり(欲しがっている人がいることを知り、売り出してみる)
■野草体験ガイド育成(興味を持つ人がいることを知り、案内できるようになる)



オタカラは足元に繁っていた

足元の宝再発見研究会

川底柿はこれからもこうげの宝

大平川底ガッキー研究会

伝統と新しさに挑戦する醬油蔵

二反田ショーユーこと研究会

こうげ式グリーンツーリズム

巣狩谷グリツリ研究会

谷筋の学び舎は、新たな交流のはじまり

ゆいきららキラキラ研究会